<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE
☆最近の記事☆
☆今までの記事☆
☆ランキング☆
 
↑お気に召しましたら、
クリックお願いします☆

【芸術・文学】

ブログランキング 演劇/舞台
↑お気に召しましたら、
クリックお願いします☆

 
 

 
 

 
 
☆Afternoon Tea☆
LINK
LOG IN

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
クワイエットルームにようこそ
今秋公開予定映画の原作本。

この映画の公開を知ってから、なぜか気になり、
原作を読んでみたい!と思い探し回ってやっとみつけた1冊!
でもハードカバーの持ち歩きにはちょっと重いサイズ・・・でも、しゃーない!
なのに、映画公開を目前に控え、出るわ出るわ、文庫本!!!!
がーーーーんびっくり・・・・・いいんです。早く読みたかったんだもの。

松尾スズキさんの本は初めて拝読。
冒頭からものすごい描写の連続で、ちょっとコレ受け付けないかも・・・と不安になったのですが、読み進めて行くうちに松尾スズキワールドにどっぷり。
登場する個々のキャラクターがすごくしっかりしていてヴィヴィッドで面白かった。
舞台が、精神病棟ということで暗い話になりそうなところを、
患者である登場人物がすごく魅力的で、ちょっとホロリとさせてくれて・・・

映画も絶対見に行こうと思いますおはな
う〜〜ん・・・でもあの冒頭シーンは映像化されるのかなぁ・・・・・
あれは放送禁止だと思うけど・・・ドキドキ撃沈
| 読書 | 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) | 福田温子 |